厚木市の市川屋はFSC・SGEC認証工場、製材JAS工場、プレカットAQ認証工場、パナソニック代理店です。不燃木材・注入処理材、造作加工、その他各種建築・土木用材取扱しております。

プレカットシステム

  • HOME »
  • プレカットシステム

木拾いから見積の作成までを正確に行う

独自の加工ラインシステムで木材を活かす。高度な技術を実現できるプレカットシステム

CADシステムに入力された図面データを元に、最適な部材選択と加工方法を瞬時に割り出し、木拾いから見積の作成までを正確に行います。高い品質が要求される建築用構造材などは、高精度なプレカット加工により部材加工の精度を上げ、手加工での仕上がりのバラつきが解消できるので、在来方法をはじめ、APS工法、テクノストラクチャー工法で使用する構造材の前工程として有効です。加工時間の大幅な短縮のほか、廃材の減少など、スピーディな納品とコスト削減を実現します。

在来工法

日本の伝統的な木造建築の工法です。部材に接手・仕口などの複雑な加工を施すため、手加工では高度な技術が必要となります。市川屋ではプレカットシステムの導入により、スピーディーに、また正確に、木材を加工することができます。

APS工法 金物

木材同士を組み合わせる接合部に金物を使用する工法です。金物が接合部の内側にあるため、木目を活かした美しい仕上がりを、プレカットの技術で実現できます。在来工法に比べ断面欠損が少ないため、強度が向上する特徴もあります。

パナソニック
テクノストラクチャー工法 金物

木と鉄の複合梁「テクノビーム」を中心に、木の住まいの良さを活かした地震に強い工法です。優れた強度を誇る梁のボルト接合、柱のドリフトピン接合のため、精度の高い加工が必要とされます。また、独自の「自動躯体設計システム」の388項目におよぶ構造計算に合った加工を提供しています。

合板加工

床や壁用の構造用合板などは、事前に工場で加工~部品化することで、現場での作業効率が上がります。工期のスピード化、コスト削減に有効です。

羽柄材加工

乾燥材や集成材を複合的に使うことで、高精度で高品質な建築物が実現できます。プレカットシステムによる前工程の加工が、現場での無駄を省き、コスト削減を可能にします。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 046-248-0231 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社市川屋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.