• TOP
  • 会社概要
  • 製材〜かながわ県産木材
  • プレカットシステム
  • 耐震工法テクノストラクチャー
  • ハウスデボハートシステム
  • 設備概要
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー

製材〜かながわ県産材木

弊社では神奈川県産丸太を中心に原木を仕入れ、製材を行います。  [取扱品目]かながわ県産桧KD柱(無背割モルダー)、かながわ県産杉KD柱(無背割モルダー)かながわ県産桧KD土台(モルダー)、かながわ県産杉KD平角(モルダー)
かながわ県産木材について
(株)市川屋はかながわ県産木材を製材しています

弊社で製材する丸太のほぼ100%が神奈川県産です。神奈川で家をつくるには、地元・神奈川の気候・風土で育った木が適しています。しかし、神奈川県の県土面積の4割が森林ですが、林業の衰退とともに山林に手が入らず、いわゆる「山が荒れている」という状況に陥っています。森林本来の姿を取り戻すために、弊社は製材という観点で努力していきます。

かながわ県の森林について
神奈川県の概要と現状

神奈川県は首都圏に位置しながらも、丹沢大山や箱根といった山々をはじめとして県の全面積の約4割、約95000ヘクタールの広大な森林を保有しています。実に県民一人当りの森林面積は106m2(約30坪)です。弊社は丹沢大山の足下に社を構えておりますが、丹沢にも数々の美林があります。例えば丹沢札掛のモミ林、丹沢大洞の欅林、丹沢堂平のブナ林、諸戸山林の杉・桧林などが上げられます。文化財ともいうべき貴重な森林です。

森林は多くの恵みを私たちにもたらします。大地に根を張り土砂の流出や崩壊を防ぐ機能、二酸化炭素を吸収・固定し、酸素を供給する機能(地球温暖化防止機能)、洪水を調整する機能や安定した推量と良質の水を確保する機能などがその例です。

しかしながら県内の森林は今、手入れ不足により荒廃が進んでいます。神奈川県(行政)は森林の様々な恵みを次世代に手渡すために、森林再生に取り組んでいます。

弊社と神奈川県の森林について

弊社の製材所で製材される丸太のほぼ100%が神奈川県産の丸太です。

森林を守るためには山に手をいれなければなりません。その1つが間伐です。間伐された木の用途の1つが建築用材として利用することです。弊社は間伐によって出材した神奈川県産の丸太を製材することで、森林の保全・回復に貢献していきたいと考えます。

かながわ県産木材利用のすすめ

現在では国内全土からはもちろん、北米、北欧、ロシア等外国から多くの建築用が日本へ流通しています。しかし流通が発達する以前は、「裏山の木で家を建てる」ことは良くあることであったようです。神奈川県内で木造住宅を建築する際にはぜひ裏山とも言える神奈川県の森林から出材したかながわ県産木材の御利用をご検討ください!

※ その他の県産木材の販売
ロータリー丸太・丸太杭(各種寸法あり)
ACQ注入ロータリー丸太・丸太杭(各種寸法あり)

※ 最近のかながわ県産木材納材実績
神奈川県立自然環境保全センター様(桧中心)
内田学園七沢希望の丘小学校(杉中心)
その他戸建住宅多数

主なかながわの県産材

【スギ】

県内で最も多く造林されている樹種。赤みがあり、木目がはっきりしています。材質が柔らかく加工が容易で柱・天井板や壁の内装材などに持ちいられます。

【ヒノキ】

スギに比べ白く、仕上げ面に美しい光沢があり、特有の芳香があります。高い耐久性・耐水湿性を持ち、土台・柱・内装などに使われます。

かながわ県産材産地認証制度

かながわ県産木材とは神奈川県内で生産された素材を原則として神奈川県内の製材工場等で加工した製品をいいます。その産地認証を受けられるのは、かながわ県産木材を生産する素材生産業者と製材工場等です。「森林組合連合会」と「木材業協同組合連合会」を中心に構成された協議会が認証を行っています。弊社は「かながわ県産木材の産地認証」を受ける「かながわ県産木材生産者」です。

かながわ森林・林材活性化協議会

製材加工の流れ
原木仕入れ

正規のかながわ県産材流通ルートである、神奈川県森林組合連合会林業センターより原木を仕入れ、選別。

原製材

皮剥工程を経た木材はバンドソー、テーブル盤で製品毎のサイズに切り分けます。

乾燥

乾燥の期間は機械で約2〜3週間、天然乾燥では三ヶ月です。オーダー・納期に応じて、機械乾燥か天然乾燥を選びます。

モルダー加工

角・面を取り、等級別に仕分け、製品化前まで仕上げます。

含水率・強度チェック

グレーディングマシーンによって含水率と強度を調べます。 含水率と強度は印字され、安心の基準となります。

丸太の賃引き承ります。お問い合わせ

コラム 新月伐採って御存じですか?

オーストリアに古くから伝えられていた伐採方法「新月伐採」。冬の下弦の月から、新月の時期に適切な方法で伐採された木材は、無垢のままでも虫が付いたり腐ったりせず、丈夫で暴れが少ないと言われています。近年エルヴィン・トーマ氏により実践・研究され、チューリッヒ大学でもその効果を立証、オーストリア森林局も「新月の木」である証明書を発行しているとか。施工時の精度を長年維持し、シックハウスの心配も無い新月伐採木。今、話題のエコロジカルな「新月伐採木」をご提供します。

※時期によりご提供できないことがあります。弊社でも秦野市の新月伐採木を提供した実績があります。